余命2017/12/27アラカルト

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命2017/12/27アラカルト




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/12/27/2138-20171227%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/



引用






.....一旦リセットして再構築ということなので、すべて引き継がれる。
従前、「すみれの会」も「日本再生大和会」も運営にはタッチしていなかったので、ご寄付についての情報はまったくわからなかったが(大和会からは定時報告は受けていた)今回からは、寄付金全体のチェックと運営に監査という立場で直接タッチすることにした。したがってその切り替えについてのご心配はいらない。靖国奉名も継続となる。
ただし、今後、「すみれの会」のご寄付については対象とならないのでご注意願いたい。
本来「すみれの会」は訴訟関係、「日本再生大和会」は在日や反日勢力への対応とグローバルな日本再生という振り分けだったのだが、すみれの会の部分も第六次告発まで大和会がやることになり、リセットが必要になったことは先日ご報告の通りである。
現在、定款のチェック中で、基本的には訴訟関係は「うずしお」、オンブズマン的役割や、また、日本の世界や人類のための活動を目的として企業にもご寄付を呼びかける母体として「やまと」を予定している。呼びかけはまだしていないが、「やまと」の寄付金口座は従来通りである。「うずしお」は準備が整い次第お願いする予定である。







.....正解!いろいろ候補があったのだが、これが出たら全員一致で決まった。
この「うずしお」は訴訟基金である。それも勝てる訴訟しかしない攻撃的基金である。








.....第五次の議決書がすべて戻ったら、全国の地検の返戻文書とともに資料として書籍化する予定である。もちろんみなさんのツッコミ満載コメントもつける。たぶん自費出版で赤字だろうなあ....。








.....余命本は青林堂から出しているが、ここはあくまでも出版社であって利益を出さなければならない。資料のようなつまらないものは当然はじかれる。出版社に迷惑をかけるわけにはいかないので、まあ、こちらも余命ファン倶楽部のような会報制にして、できるだけ赤字が出ないようにするしかないだろう。
一般書店で扱うにはリスクが大きすぎるのだ。








.....振り込みは確認している。
まあ、できることを無理なくすることで勝てるように段取りしている。
「やまと」と「うずしお」の発足で完了するからもう少しだね。






.....1月10日過ぎならいつでもOK。







.....決着がつくのが早そうだからなあ。その後の話になるね。

 





.....第六次告発で外患罪から共謀罪、テロリスト告発、懲戒請求とたっぷりと油をまいた。あぶり出しも進んだので、そろそろ訴訟基金を立ち上げて、告発事案で取り残したNHKやTBS、朝日や毎日にとりかかろうとしていたところに、この朝日のトラップ訴訟である。今、冬だが、まさに飛んで火に入る夏の虫である。






.....異常裁判官についても第六次告発ではとりあげている。今回立ち上げる訴訟基金「うずしお」では裁判官も検察官も弁護士にも聖域はない。やっとここまできましたな。





引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-12-28 14:15 | 拡散希望

余命第六次告発③

余命三年時事日記さんのブログです。





http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/21/1971-%e7%ac%ac%e5%85%ad%e6%ac%a1%e5%91%8a%e7%99%ba%e2%91%a2/





引用




.....検察が受理するかの問題だが、ここまで来ると検察も無視は無理だね。外圧が来るまでにガス抜きが必要だが、その前に戦争が始まったりして(笑い)     







.....外患罪よりはテロリストとしての告発の方が効くだろう。テロリストと川崎デモとでもタイトルをつけると非常に親和性があるので1冊、本が書けそうだ。
第四次告発、第五次告発に参加された方は追加の分だけお送りしている。検察がご丁寧に返戻してくれているので、あわせて再送付することになる。






.....第六次告発にあわせたように事態が展開している。これでは外患罪告発について検察も返戻理由がつけにくいだろう。一歩間違えば、確実に自分たちが外患罪スパイラルに巻き込まれるし、従前の門前払いはもう現時点ではリスクが大きすぎる。






.....誤字の箇所は本質的な部分ではないので、無視して結構である。検察がそれを見つけて問題視することもないだろう。
2点目はそれぞれ対象人物が違う。216山本太郎、219辻元清美、225有田芳生である。






引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-22 21:08 | 拡散希望

余命第六次告発②

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/20/1967-%e7%ac%ac%e5%85%ad%e6%ac%a1%e5%91%8a%e7%99%ba%e2%91%a1%e3%80%80/




引用




.....「174 関東弁護士会連合会」は会長が弁護士ではないとのことで除外している。
00196からは整理の仮ナンバーで、告発状概要では存在しない。
1~171までは、第五次あるいは第四次告発に参加された方には送付していない。それは検察からそっくり返戻されているので、今回の追加分をあわせて再度送るということである。
 1から246までの告発状すべてを希望の方は200ばかり用意しているので希望ファイルにご連絡をお願いしたい。すぐにお送りする。
本来は告発状の全体をPDFでアップしたいところであるが、第六次告発は証拠の数がハンパでない。DVDの添付からツイッターその他の文書だけでも50ページを超えるものが70件ばかりある。最大のものは500ページをこえている。お送りしている告発状は1枚であるがその裏はすさまじいのだ。
その1例として神原氏の告発状を参考に記載しておく。証拠ではhttpはそのままだが、ここではhを外してある。

 

告 発 状

横浜地方検察庁 検事正殿         平成 年 月 日 No217

告発人
氏名                                印

住所〒

被告発人
神原元(弁護士)
有田芳生(民進党)、
福島瑞穂(社民党)
畑野君枝(共産党)
秦真実 (沖縄活動家)
日下部正樹(TBS)
三浦知人(社会福祉法人青丘社 職員)
野間易通(しばき隊)
伊藤大介(しばき隊)
石橋学(神奈川新聞)
秋山理央(カメラマン)
前田朗(東京造形大学教授)
崔江以子親子(在日韓国人)
その他2017年7月16日川崎デモ参加者(資料別添)

第一 告発の趣旨
被告発人の行為は、国際テロリストとして以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律
第六条の二(テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)の罪の犯罪行為である計画(日本国外でした行為であって、当該行為が日本国内において行われたとしたならば当該罪に当たり、かつ、当該行為地の法令により罪に当たるものを含む。)




引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-21 05:42 | 拡散希望