タグ:外患誘致罪 ( 225 ) タグの人気記事

余命三年時事日記さんのブログです。




yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…



引用




弁護士懲戒制度の沿革
1890年から1947年までは、裁判所構成法・旧弁護士法に基づき、控訴院が弁護士の懲戒を行っていた。
現在の制度は、1949年の弁護士法全部改正によって新設されたものであり、法曹・学識経験者による非公開の審理で弁護士を律するという、不可視の弁護士自治の一部を担っている。
2005年4月には、弁護士の職務の行動指針または努力目標を定めたものとして弁護士職務基本規程が施行された。
日弁連新聞によれば、2011年には「成年後見人に選任された会員による重大な不祥事が相次いで明らかになり、弁護士後見人に対する市民の信頼を揺るがす事態」となり、また同時期に、過払金返還請求事件における不祥事の多発を受け、債務整理事件処理に関する規制も行われることとなった。
しかし単位弁護士会の懲戒手続規則などは原則的に非公開であり、お手盛りの審査や制度の政治的な利用に対する批判も多く、懲戒審査における懲戒委員会委員や綱紀委員会委員の弁護士の逸脱した行為に対する懲戒請求も行われている。
弁護士法そのものがいいかげんで、各弁護士会に任せた施行規則などHPにも公開していないバラバラのお手盛り規則である。今般、朝鮮人学校補助金支給要求声明による懲戒請求では、懲戒理由が明らかな憲法第89条違反であるため、日弁連として正面きって争いができず、その結果刑事訴訟法第239条にも抵触する異常な対応となっている。
異常対応のつけが各弁護士会に押し寄せており、事務的には破綻状況となっている。
 6次では弁護士総数3万8千人のうち3万4千人が懲戒請求され、幹部は外患罪で告発されている状況はまさに末期症状である。国民の正当な権利の行使を、権利の濫用とする動きがあるようだが、まず自分たちの憲法違反を片付けるのが順序であろう。
 すでに流れからいって、テロ組織としての認定も待ったなしであるから、解体か第二の弁護士連合会を立ち上げるかの二択となってしまった。ご愁傷様である。








(懲戒事由及び懲戒権者)
第五十六条 弁護士及び弁護士法人は、この法律又は所属弁護士会若しくは日本弁護士連合会の会則に違反し、所属弁護士会の秩序又は信用を害し、その他職務の内外を問わずその品位を失うべき非行があったときは、懲戒を受ける。
2 懲戒は、その弁護士又は弁護士法人の所属弁護士会が、これを行う。
日弁連傘下弁護士すべてが対象である。対象事案が憲法違反で日弁連会長をはじめとするすべての弁護士が関与しているのである。犯罪者が犯罪人を裁けるか???

(懲戒の請求、調査及び審査)
第五十八条 何人も、弁護士又は弁護士法人について懲戒の事由があると思料するときは、その事由の説明を添えて、その弁護士又は弁護士法人の所属弁護士会にこれを懲戒することを求めることができる。
2 弁護士会は、所属の弁護士又は弁護士法人について、懲戒の事由があると思料するとき又は前項の請求があつたときは、懲戒の手続に付し、綱紀委員会に事案の調査をさせなければならない。
刑事訴訟法第239条では
「何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」と条件がないが、弁護士法では「その事由の説明を添えて」とある。
 弁護士も組織も公務員と見なされる場合はあっても、あくまでも司法もどきであって公務員ではない。弁護士法に憲法にはない条件付けするのはやり過ぎだろう。





(除斥期間)
第六十三条 懲戒の事由があつたときから三年を経過したときは、懲戒の手続を開始することができない。
時効という意識があるのだろうが、まず絶対時間3年かどうかの確定が必要である。
また時効という観点からすれば、時効というものは事件が終了してからカウントが始まるものであるから、犯罪命令が組織に発出されて、それが組織に引き継がれて有効であるときは、発出責任も当然引き継がれると考えるべきであり、朝鮮人学校補助金支給要求声明についての責任は、発出者と共に現会長も共有すると考えるのがもっとも常識的であろう。
 傘下の弁護士全員が対象となるのも自明の理である。

(懲戒の手続に関する通知)
第六十四条の七 弁護士会は、その懲戒の手続に関し、次の各号に掲げる場合には、速やかに、対象弁護士等、懲戒請求者、懲戒の手続に付された弁護士法人の他の所属弁護士会及び日本弁護士連合会に、当該各号に定める事項を書面により通知しなければならない。一 綱紀委員会に事案の調査をさせたとき又は懲戒委員会に事案の審査を求めたとき その旨及び事案の内容
二 対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき その旨及びその理由

綱紀委員会の組織)
第七十条の二 綱紀委員会は、四人以上であつてその置かれた弁護士会又は日本弁護士連合会の会則で定める数の委員をもつて組織する。
(綱紀委員会の委員)
第七十条の三 弁護士会の綱紀委員会の委員は、弁護士、裁判官、検察官及び学識経験のある者の中から、それぞれ弁護士会の会長が委嘱する。この場合においては、第六十六条の二第一項後段の規定を準用する。
2 日本弁護士連合会の綱紀委員会の委員は、弁護士、裁判官、検察官及び学識経験のある者の中から、それぞれ日本弁護士連合会の会長が委嘱する。この場合においては、第六十六条の二第二項後段の規定を準用する。
弁護士法そのものが弁護士や弁護士会は「正義」として構成されており、とくに日弁連会長なるものが憲法違反を犯すというような事態は最初から想定していない。
 日弁連会長への懲戒請求も所属弁護士会において弁護士として扱われるのである。
 懲戒請求に対する綱紀委員会や懲戒委員会の委員構成についても、弁護士全員が該当する案件では弁護士は当然ながら委員にはなれないであろうから、少なくともその場合の規定は必要だと思うが弁護士法にはなにも記述されていない。これでは綱紀委員会も懲戒委員会も成り立たないだろう。
 ウソを隠すためにウソをつく、矛盾を隠すとまた矛盾が生じるという有様で、倫理的にも法的にも、そして事務的にも破綻状況に陥っている。まさに自縄自縛である。

弁護士懲戒請求の手続 ここからは部分的にWikipediaを引用。青地はコメントである。
懲戒請求は誰でも行うことができ、窓口は懲戒請求の対象弁護士または対象弁護士法人の所属する弁護士会である(弁護士法第58条)。







処分を附された弁護士は高等裁判所に処分取消請求裁判を提起することができ、日本弁護士連合会は原則的に懲戒請求者の裁判参加を認めていない。









後述の光市母子殺害事件弁護団懲戒請求事件の 最高裁判決でも、須藤正彦最高裁判事の補足意見として「懲戒事由の存否は冷静かつ客観的に判断されるものである以上、弁護士会の懲戒制度の運用や結論に不満があるからといって、衆を恃んで懲戒請求を行って数の圧力を手段として弁護士会の姿勢を改めさせようとするのであれば、それはやはり制度の利用として正しくないというべきである」と明言されている。
 この判事もおかしいな。明らかな憲法違反である事案についての確信的行為は犯罪であり、別途、外患罪事案として告発されているものである。「品行や非行には当たらないので懲戒請求できない」というのならまだ納得できるが、犯罪だからねえ...。







「弁護士法58条1項に基づく懲戒請求が事実上又は法律上の根拠を欠く場合において」という条件がついているのでごり押しは無理だが裁判所というか判事もおかしいよな。



引用以上





余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

[PR]
by kidokazu | 2017-11-05 03:41 | 拡散希望 | Comments(0)

余命2017/07/24アラカルト

余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/25/1782-2017724%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/




引用




.....8月10日待ちだからね。日本政府も民間もテロリスト情報を国外治安当局に提供できるようになる。北朝鮮のテロ国家の再指定と同時に、日本も否応なく対応を迫られる。現状でテロリスト候補は4桁にもなりそうだ。海外の指定はゆるいからな。
テロリストには国境もなく聖域もない。過去のテロ発言をした政治家は大変だね。






.....全部読むのは大変だと思うが、ちょっと読むだけで、だれもが「アレッ?」と思うことがあるだろう。当時、共産党が逃げにつかった手法がねつ造犯罪と印象操作と蓋然性であった。そして約50年後、川崎において反共産党勢力への攻撃にヘイトデモでないものをヘイトと犯罪をねつ造し、主催者団体をヘイト団体と決めつける印象操作をしかけ、法的根拠のない虚偽申し立てを蓋然性をもって処理し、それをもって共産党勢力が行政、市長まで巻き込んだという共謀犯罪をやらかしている。まさにダブスタである。






.....その時は突然やってきたというような話になるんだろうな。材料はそろっているので煮て食うか焼いて食うかの段階に入っている。日米ともに8月10日過ぎが都合がいいようだから、もうちょいだね。27日が陸自総火演なので動きがあるとすればその間か?
10日までに懇親会が2回あるのだが、なにしろ現在進行形だからね。記事にするには制約があるのだ。



引用以上



余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-28 21:39 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/24/1780-20170723%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a2/




引用




.....そろそろ自衛隊だなといっていたらこの事案。もう打つ手がないんだろうな。








.....共謀罪第一号は沖縄か川崎からでそうだな。ちょいと沖縄リードかな。

 




.....2チャンネルもツイッター社同様テロ企業として告発されるから、反日や在日組織はつらかろう。




.....米国が8月10日にこだわることはない。遅ればせながら日本が国際テロリスト対策に足並みをそろえたというだけで、その具体的な発効日について特に関心はないだろう。
北朝鮮制裁は安倍シナリオの実現の追い風になる。近日中に共謀罪の恐ろしさを取り上げるが、そこで安倍総理の策士ぶりがわかると思う。







.....過去ログではいろいろなケースで考察しているが、どのパターンも最優先事項はメディアの殲滅と在日の駆逐である。もうこれは隠しようのないレベルまで来ている。
最近、在日朝鮮人の反日活動への嫌韓、憎悪感が大きくなり、日韓戦争が巷間、話題となっているが、これについては可能性が低いと思っている。
少なくとも有史数千年の中で朝鮮半島が隷属状態でなかった時代があっただろうか?
歴史のねつ造を国策としている国家の存続年数さえ、たったの50年程度にすぎないのである。過去ログ「兵の強弱と全滅の定義」の中でふれているが、民族性は簡単に変えられるものではない。
現在、治安関係筋の対外軍事懇談会で話題となるのは中立宣言の模索と難民問題である。
有事における対応はメデイア殲滅、南北朝鮮人の隔離、収容であり、中立の宣言である。
朝鮮半島有事ならば、前回の戦訓から北朝鮮は1日でソウルを壊滅させ一気に南進するだろう。韓国海空軍は全滅するが、その一部は日本に逃げ込み武装解除となる。まあ、何も考えなければ1週間でこのパターンだろう。日本は韓国を助けないよ。





引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-28 16:33 | 拡散希望 | Comments(0)

余命2017/10/26アラカルト

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/26/1981-20171026%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88/




余命氏のコメントは今回は有りませんでした。




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-28 15:43 | 拡散希望 | Comments(0)

余命第六次告発④

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/25/1980-%e7%ac%ac%e5%85%ad%e6%ac%a1%e5%91%8a%e7%99%ba%e2%91%a3/




引用




.....韓国や在日や反日勢力が常用してきた欧米国際機関や外国国民への日本情報のねつ造その他の工作活動、つまり外圧をこちらも使おうかという話である。安倍総理は3年前から、余命は2年前から準備に入っている。
在日や反日勢力が「慰安婦が~」とか「ヘイトが~」といつも叫んでいるフレーズがこちらでは「テロリストが~」となるだけで、あとはまったく同じパターンである。
欧米にとって、日本の左翼や在日朝鮮人はどうでもいいが、これがテロリストとなると脊髄反射を起こす。杉田水脈の当選は大きいぜ。







.....自衛隊の立ち位置についてはできるだけ早い時期に対応することになると聞いている。告発状の送付はあまりにも多いので二回に分けて送付の予定である。11月半ばまでかかりそうということであるから大丈夫だろう。








.....第五次とは内容が桁違いだからね。外患罪とテロリスト告発が法と外圧とのコラボとなっているから、国民の覚醒と安倍政権の圧勝と共に、まさに波状攻撃である。
クリスマスプレゼントが楽しみだなあ。






引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-28 13:44 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/23/1779-2017723%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/



引用





.....弁護士法の条文におかしなところはいくらもある。日本語になっていない典型が現在、過去、完了形の用法である。おそらくバラバラに立案して、寄せ集めたのだろう。まったく整合性がない。全体チェックをしないで、そのまま各弁護士会に施行規則を任せたのだろう、施行段階で混乱が生じている。文書の送付について懲戒請求者への通知規定もない。
もうだめだね。




引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-25 15:10 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/23/1778/




今回は余命氏のコメントは有りませんでした。






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-25 03:34 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/07/23/1777-%e6%87%b2%e6%88%92%e8%ab%8b%e6%b1%82%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8832/



引用




.....日弁連が朝鮮人学校補助金支給要求声明で外患罪刑事告発されているからな。懲戒請求は自浄努力を促す警告の意味がある。ただ、現実は、もはや自浄能力がなさそうだ。
どのような形になるかはわからないが、これから1.2年で解体はともかく大きく変わるだろう。







.....女性軍団花時計が告発、不起訴処分に検察審査会まで不服申し立てしたのだが、検察の不起訴相当で却下されているようだ。
余命は外患罪事案として、刑事告発しているが、今回も門前払いである。第六次?もちろん告発するよ。






.....弁護士会自らが作った規定に自らが振り回されているな。やっていることを理解している弁護士会は半分もないだろう。もうただ白けるばかりである。余命周辺の数十人は開封もしないで放置の状態だ。日弁連、関東弁護士連合会、第一東京弁護士会、埼玉弁護士会、神奈川弁護士会、京都弁護士会はどうするのだろうか。ボールはあちら側だ。
懲戒請求の事案は外患罪適用下における利敵行為として「朝鮮人学校補助金支給要求声明」を発出した弁護士会を別途、外患罪で刑事告発している。全弁護士は日弁連の傘下にあるから、それだけで組織上、すべての弁護士が対象となるのだが、第四次告発では、会長のみ、第五次告発では幹部も対象としている。第六次告発では現状24弁護士会のうち対応が悪質なところは弁護士会と所属弁護士すべてが対象となる。
威力業務妨害という司法関係者がいるが、システム上、懲戒請求その他について通知はしないとすればそれだけの話である。
<高校の授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外した国の処分をめぐる裁判で、広島地裁は19日「国に裁量の逸脱はなく適法だ」として、広島朝鮮高級学校側の訴えを退けた>
こういう流れのもとで、いつまで違法朝鮮人学校補助金支給要求にこだわるのか、その異様さはもはや失笑レベルである。まあ、何かあるんだろう。





.....綱紀委員会のナンバーがさまざまであるということと、連絡事項の1は意味不明。調査関係書類の提出など規定のどこにもない。こっそり直してくるから要注意だな。




引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-23 03:27 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/22/1973-20171022%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/





引用





.....テロリスト支援企業として告発する旨を告知されているのだから当然だろう。
あとはテロリスト情報の開示請求をどうするかだな。







.....事態がここまで来ると、頭のいいやつは保身を考える。第六次告発は外患罪告発と同時にテロリスト告発でもある。国際社会がテロとの戦いに北朝鮮制裁で一致して動いている時に、日弁連の朝鮮人支援行為や検察の外患罪及びテロリストの告発に対する確信的ボイコットは国家と国際社会に対する反逆行為であり、許されるものではない。





.....当初から悪魔登場と全員が認識していた。先日も大和会へ直接電話があり、たまたま来ていた余命が対応している。粘着質の中年女性だね。佐々木君も大変だろう。早く逃げないと地獄への一本道。ご愁傷様である。




引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-22 23:28 | 拡散希望 | Comments(0)

余命第六次告発②

余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/20/1967-%e7%ac%ac%e5%85%ad%e6%ac%a1%e5%91%8a%e7%99%ba%e2%91%a1%e3%80%80/




引用




.....「174 関東弁護士会連合会」は会長が弁護士ではないとのことで除外している。
00196からは整理の仮ナンバーで、告発状概要では存在しない。
1~171までは、第五次あるいは第四次告発に参加された方には送付していない。それは検察からそっくり返戻されているので、今回の追加分をあわせて再度送るということである。
 1から246までの告発状すべてを希望の方は200ばかり用意しているので希望ファイルにご連絡をお願いしたい。すぐにお送りする。
本来は告発状の全体をPDFでアップしたいところであるが、第六次告発は証拠の数がハンパでない。DVDの添付からツイッターその他の文書だけでも50ページを超えるものが70件ばかりある。最大のものは500ページをこえている。お送りしている告発状は1枚であるがその裏はすさまじいのだ。
その1例として神原氏の告発状を参考に記載しておく。証拠ではhttpはそのままだが、ここではhを外してある。

 

告 発 状

横浜地方検察庁 検事正殿         平成 年 月 日 No217

告発人
氏名                                印

住所〒

被告発人
神原元(弁護士)
有田芳生(民進党)、
福島瑞穂(社民党)
畑野君枝(共産党)
秦真実 (沖縄活動家)
日下部正樹(TBS)
三浦知人(社会福祉法人青丘社 職員)
野間易通(しばき隊)
伊藤大介(しばき隊)
石橋学(神奈川新聞)
秋山理央(カメラマン)
前田朗(東京造形大学教授)
崔江以子親子(在日韓国人)
その他2017年7月16日川崎デモ参加者(資料別添)

第一 告発の趣旨
被告発人の行為は、国際テロリストとして以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律
第六条の二(テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)の罪の犯罪行為である計画(日本国外でした行為であって、当該行為が日本国内において行われたとしたならば当該罪に当たり、かつ、当該行為地の法令により罪に当たるものを含む。)




引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-10-21 05:42 | 拡散希望 | Comments(0)