鎌倉市市議会議員上畠寛弘議員のツィッターです

https://mobile.twitter.com/NorihiroUehata


引用



 異見者に対して容赦のない弾圧を続ける中国共産党政権。社会の自由度や民主主義を調べる国際団体フリーダムハウスの調べでは、中国は毎年「自由がない国」「抑圧的な国」との報告が出されている。

 これについて国連や米国、一部の欧州諸国の議会では、中国の人権問題に改善を求める議案が採択されてきた。いっぽう、これまで日本政府は公的に人権問題の改善を中国政府へ指摘したことはない。

 しかし、意見書を国へ提出するという形で、日本の地方議会ではじめて、神奈川県鎌倉市議会は声を上げた。2016年6月、「中国政府に対して人権状況の改善を促し、日本政府と国会に対して必要な外交措置や人道的措置等を求める」意見書を提出し、可決させた。

 この意見書をまとめ、党派を超えて可決に導いたのは、正義感あふれる29歳の上畠寛弘議員だ。大紀元は上畠議員にその経緯を聞いた。

 中国人権問題について強く関心を寄せたきっかけは、2016年6月、世界ウイグル会議総裁ラビア・カーディル氏が来日し、国会や大阪をめぐり、鎌倉市へも来訪したことによります。カーディル氏は鎌倉市で、中国共産党によるウイグル自治区の人権弾圧を説かれました。

 中国共産党による弾圧は決してウイグル族だけではありません。チベットや南モンゴル、法輪功の学習者も同様です。彼らは強制収容されたり、臓器を摘出されたりと、人間の所行とは思えないことが、今なお続いています。

 そんな国が日本のすぐ隣国にあるのです。この窮状に見て見ぬふりをすることはあまりに無責任です。できることはたくさんあります。

 鎌倉市は中国の敦煌と姉妹都市を結んでいます。意見書を提出する際、「波風立てないように」と反対する声もありましたが、悪いことをしているのならば、友人として更生を促すべきではないでしょうか。

 (中国事情に意見することは)国会でやるべきことだとの声もありました。しかし、歴史を鑑みると、古都・鎌倉という日本において世界的に知名度の高い地方の議会で、国際的な問題について声を出すことは意味があると考えました。

 中国に意見を述べる国会議員はいますが、日本政府から公的に問題を指摘したことはありません。私は自民党に所属しています。与党である自民党が声を挙げれば、他の議員、党も動いてくれるはずです。

 中国側に意見を言えないのは、いまだに第二次世界大戦の加害者であるという罪悪感があるからなのかもしれません。いっぽう、今日、血を流している人たちがいるのですから、歴史問題とは分けるべきです。

 世界に様々な人権問題はあるものの、中国の問題はすぐ隣の国の問題。日本は「明日は我が身」の姿勢を示すべきです。中国共産党の日本への影響を見過ごしてはいけません。

 この弾圧を止めるために、賛同するのであれば、右でも左でも党派も関係なく、かかわっていくべきだと思います。鎌倉市議会の今回の意見書は、自民党の私、上畠寛弘と渡辺昌一郎議員のほか、長嶋竜弘議員と松中健治議員(それぞれ無所属)が意見書に名を連ね提出しました。公明党や民進党の議員からの賛成も得て、可決されたのです。

 全国の議員のなかには「世界平和」を標榜しておられる方もいます。しかし、実際に行動するとはどのようなことでしょうか。「なぜやらないのですか?」と問いかける意味で、鎌倉市からの「鎌倉モデル」を掲げて、全国の地方議会にも波及効果がもたらされたら良いと考えています。

(文・佐渡 道世)




引用以上

中華人民共和国政府がこのような人権問題を反省し、二度とやらないと決心する事を期待しています。と言うか、今までこんな非人道的な所業をしていた事を恥じ入るべきでしょう。
[PR]
by kidokazu | 2017-05-16 01:42 | 中華人民共和国 | Comments(0)

独裁者の時代

世に倦む日日さんのブログです


http://critic20.exblog.jp/26586368/


引用



世界政治の仕様が変わったことに気づく。どう変わったかと言うと、独裁者たちが活躍する世界に変わったということだ。独裁者がマスコミや世論で否定されず、逆に「価値」を持って注目される時代になった日本だけでなく世界政治の現場で、独裁者が勝手なことを言い、無法で強引なことをやり、それがまかり通り、それが当たり前の光景になっている。独裁者が世界政治の主役になり、法を踏みにじる彼らのリーダーシップで事態が動き、局面が作られて世界政治が引っ張られている。独裁者が世界を動かす時代になった。そして、世界の国々が非立憲的な軍事独裁政権の性格を強めている。






中国を例にとると、今年の全人代の報道で気になった点として、李克強による政府基調報告の中で、習近平を何度も「核心」と呼び上げて威光を強調する場面があった。明らかに習近平に党と国家の権力が集中し、周囲が習近平に阿って称揚している様子が窺い知れる。





中国皇帝のスタイルといえば、北朝鮮の金正恩がまさにその表象をプレゼンテーションしている。13日に平壌で外国取材陣の前に姿をあらわした金正恩は、いちだんと太って腹をポッコリ突き出している。あの異様な肥満体型は、偶然ではなく、不摂生な食生活だけが原因でもなく、意図的に、政治的な演出のためにやっている。俳優が役作りのために太ったり痩せたりするように、金正恩は胃と肝臓を無闇に肥大させている。それが中国皇帝の肖像画の正姿だからであり、伝統的な価値観(美意識)があるからで、(明滅亡後に小中華となった)朝鮮の王はカリスマの範型に則る必要があるからだ。





米国を相手に戦争を始めたらどうなるか。金正日も金正恩も理性を欠いた狂気の独裁者だが、比較すれば、まだ金正日の方が慎重な決定ができる環境を持っていたと思われる。当時の北朝鮮において、核はあくまで外交カードであり、交渉のために使う手段だった。だから、中国が差し伸べた六カ国協議に乗り、軽水炉の冷却塔爆破などをやっている。当時は独裁者の傍に側近がいて、中国が扶助する外交路線の方を選ぶという道を残していた。硬軟を使い分けていた。

c0315619_18193345.jpg金正恩の方は、中国と自分の間に入って献策する側近をことごとく粛清してしまっており、耳の痛い提案は入らなくなっている。何もかも判断するのは自分一人だ。自己の思考回路に都合のいい情報しか耳に入れない。現在33歳のこの男は、15年前の米朝危機のとき18歳だった。18歳であの経験をした独裁者の認識においては、最後まで核とミサイルで喧嘩して突っ張った父親の勝利という判断なのだろう。核とミサイルだけが国家を外敵から守り、自身の生命と地位を守り、王朝を永続させる戦略だと盲信しているだろう。



引用以上


便所前
b0365592_19450156.jpg


氏と
黒電話頭
b0365592_19450100.jpg


氏を独裁者と認識しています。しかし、民主的な選挙で選ばれたトランプ大統領や安倍総理を独裁者と言われても「違う」としか言えません。
[PR]
by kidokazu | 2017-04-27 19:43 | 中華人民共和国 | Comments(0)

香港元トップ有罪!

中国情報ジャーナル〜さんのブログです


http://ameblo.jp/fukachina/entry-12250871251.html




引用



中国返還20周年で汚職スキャンダル「赤信号」
曽蔭権・前行政長官に禁固1年8月 香港
香港トップの信用失墜 控訴準備、行政長官選にも影響

香港高等法院(高裁)は2月22日、公職者による不適切行為の罪で有罪の評決を受けていた前行政長官の曽蔭権(ドナルド・ツァン)被告(72)に対し、禁錮1年8月の実刑判決を言い渡した。1997年7月の中国返還後、香港政府トップ経験者の有罪判決は初めて。3月26日には行政長官選挙、7月1日は香港が中国に返還されて20周年を迎え、習近平中国国家主席が記念式典に参加する見通しの中、一国二制度への信頼が香港トップの汚職で大きく揺らいでいる。(香港・深川耕治)











曽蔭権被告は香港初代行政長官の董建華氏が任期途中で2005年に辞任後、ナンバー2の政務官(閣僚)ポストから二代目の行政長官に就任し、2005年から2012年までの期間、香港のトップに君臨した。

曽氏は蝶ネクタイがトレードマーク。1997年6月、英国政府からサーの称号が与えられ、1998年のアジア通貨危機でナンバー3の財務官として香港ドル防衛に尽力したことや夫婦で毎朝ミサに参加する敬虔なカトリック信徒との清新なイメージがあった。

しかし、政権後半から汚職疑惑が噴出。胡錦涛指導部(当時)との関係が良好だったため、地元ラジオ局で「人民が極端に走った場合、文化大革命のような運動が出現する」と香港の民主化運動を文化大革命にたとえて発言するなど親中カラーが強まり、支持率が急落した。








7月に中国返還20周年という大きな節目を迎える香港は一国二制度による高度な自治がどこまで成功しているのか、中台統一の動きを警戒する台湾も常に動向を見ている。その香港政府トップ経験者の有罪判決は香港市民だけでなく、中国政府の面目を失う結果となっている。

ナンバー2の政務官や同ポストから行政長官に就任した指導者が有罪判決を受けたことから「中国領になると中国同様に官僚が汚職に染まる」との懸念材料が強まり、3月26日投開票の香港行政長官選挙に向け、五人の出馬表明している候補者のうち、最有力候補である林鄭月娥前政務官、曽俊華前財務官ら閣僚経験者には厳しい視線が向けられている。


引用以上


韓国の朴槿恵元大統領の弾劾は日本でも大ニュース扱いですが、香港の元トップの有罪判決はほとんど触れられていません。私もこのブログで初めて知りました。中共に不利益なニュースは報道しない自由なのかな?
[PR]
by kidokazu | 2017-03-13 14:53 | 中華人民共和国 | Comments(0)

中国人の暴動決起基準

太陽にほえたい!さんのブログです



引用




では、なぜ今だ日本ではこうした暴動が活発化していないのか?

これには2つの理由が考えられます。

(1)西洋諸国に普通に存在する人種差別が、日本にはほとんど無いから

 これは難民として来日している人達も、そう言っていますよ。

 先日も8年かけて難民申請が受理されたという、私と一緒に収録に参加したスリランカ人(だったかな)が言ってましたよ。

 日本での生活は、頭にくることが少ないのです。

 そしてもう一つ、中国人の暴動が起きない理由があります。

 これ、大事です。

 (2)日本国内における中国人勢力の優劣が判断できないから

 西欧諸国ではひと目で本国人と中国人の違いが見てわかり、その数において優劣の判断がしやすいのですが、日本ではそうはいかないのです。

 つまり私達も中国人の見分けが難しいように、中国人たちも日本では日本人か同国人かの見分けが難しく、優劣が判断できないのです。

 




引用以上


    なかなか、目から鱗な解説です。確かに、日本人と中国人と朝鮮人は外見からは見分けが付きにくいですね。
明らかに
チョン顔
<丶`∀´>とか
チャン顔
(  `ハ´)
の人も時々見かけますけど………。注*比喩としての話です。

[PR]
by kidokazu | 2017-01-11 18:04 | 中華人民共和国 | Comments(0)

台湾の国民党

〜台北・日本人妻さんのブログです


引用


どうしても台湾を取り込みたい支那は、ここ数年「中華民国」を一応建国したと言われる大法螺拭きの孫文を映画にしたりやたらと持ち上げていますが、ここに来て「孫文生誕150周年大会」なるものを北京で開催。その祝典に台湾の国防を担う要職についていた退役軍人32名をご招待!!いやー、ビックリです。名だたるお歴々が敵国ともいえる支那に赴くとは!!??

台湾の国防、危うし。

まあ、国民党軍の成れの果てともいえる台湾の国防部ですから、多くは「国民党」員であり「外省人」だからできることなのでしょう。

これぞ「台奸」と言えるのではないでしょうか。
 


引用以上

   台湾を単純に親日国家だと認識する事は危険です。第二次大戦以前からいる本省人の大多数は親日かも知れませんが、戦後台湾にやって来た外省人は漢民族で日本と戦った国民党なのです。そして、権力を持っているのです。今は、民進党が政権を持っていますが、中華人民共和国が台湾の国民党に加勢してくることもあり得ます。

[PR]
by kidokazu | 2016-11-17 05:26 | 中華人民共和国 | Comments(0)

石垣市議団GJ

産経新聞から


http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200023-n1.html


引用

「尖閣問題、政府は中国を仲裁裁判所に提訴を」石垣市議団が菅義偉官房長官に申し入れ

 沖縄県石垣市議団は20日、官邸で菅義偉(すがよしひで)官房長官と面会し、中国公船などによる尖閣諸島(同市)周辺の領海や接続水域への侵入が続いているとして、海域の平穏な状況を回復するために、この問題を仲裁裁判所に提訴するよう要請した。

 要請に訪れたのは知念辰憲市議会議長ら6人。9月に石垣市議会が決議した尖閣諸島が日本固有の領土であることを国際社会に示し、尖閣諸島問題を仲裁裁判所に提訴するよう政府に求める意見書を菅氏に提出して求めた。

 議員団によると、菅氏は「地元の意向をしっかり受け止めて、今後対処していきたい。尖閣の警備は、これまで以上に強化をしていきたい」などと応じたという。

 菅氏との面会後、知念氏は記者団に「漁民の安全など万全の体制を整えていただきたい」と話した。


引用以上

   中華人民共和国は国際社会でどんな判決や裁定がなされても、自国の不利益になれば無視するでしょう。今回の件は、尖閣諸島に対する我が国の主張を明らかにするチャンスだと思います。


[PR]
by kidokazu | 2016-10-22 15:36 | 中華人民共和国 | Comments(0)

なでしこりんさんのブログです

http://nadesikorin0719.blogspot.jp/2016/08/blog-post_9.html?m=1


引用

もう一人 の林凡(リンボン)氏についても書いておきましょう。この方は中国人の女性で、中国企業で副社長をされていた方です。平成24年8月24日に「尖閣諸島は日本のものだ」とツィートしたことにより、官民による大バッシングを受け、翌日にはツィート全文が削除されています。その後の彼女の消息については一切わかっていません。彼女が資料としてアップしたのが「1953年1月8日付けの人民日報」です。人民日報は中国共産党の機関紙です。

.........    
 .......    ..林凡女史がネット上に掲げた「尖閣日本領土」の証拠。

...「人民日報」では 「尖閣諸島を含む琉球群島」と書いてあります。しかも、それを書いたのが「人民日報」ですから、本来ならば、「尖閣問題」はこの時点で終了なわけです。しかし、中国共産党は「道理より利権」を優先したんです。「尖閣を盗れば海底資源も盗れるアル~!」ですから。


引用以上

   彼女に逢いたければ、人体の不思議展に行ってみればいいのかもしれません。

[PR]
by kidokazu | 2016-08-10 18:03 | 中華人民共和国 | Comments(0)

豪州の慰安婦像

マイケルヨンさまのブログです


引用


拝啓

我々は反日の韓国人活動家が慰安婦像の除幕式を中止するよう勧告した市議会の決定を無視したことに落胆している。

はっきりさせるためここに我々の立場を再掲する。

敬具
Tesshu Yamaoka
オーストラリア - 日本コミュニティーネットワーク会長



「急展開するシドニー慰安婦像設置問題」

2016年8月8日


AJCNは5月中旬から、韓国の政治団体挺対協(挺身隊対策協議会)の影響下にある反日韓国人グループ FWCA (Friends of ‘Comfort Women’ in Australia) による慰安婦像設置計画に対し反対活動を行っています。この反日グループは、昨年12月28日に日韓両政府で合意したいわゆる”慰安婦に関する日韓合意”に反対し、彼らの言う真の解決を主張、一部の元・韓国人慰安婦を抱き込んで韓国国内で激しい反対運動を繰り広げ、韓国政府と厳しい対立関係に入っていることは皆さんご承知のことと思います。
海外においても、韓国の反日洗脳教育により、事実をまっすぐ見ることができない視野狭窄に陥っている若い韓国人たちが、欧米で反日韓合意のキャンペーンを展開しています。シドニーでもそれに同期して、水曜デモ、アングレーム漫画展への慰安婦関連作品の展示イベント、反日映画「鬼郷」の上映会など企画し、実施中です。


「慰安婦像お披露目セレモニー」

反日グループは、8月6日に慰安婦像を韓人会館に保管するので除幕式を外部で行いたいと、管轄のCanterbury-Bankstown Councilに申請を出しましたが、市は以前よりAJCNと話し合い、この問題の本質を承知していたため、内部で小規模の披露セレモニーを行えと指示しました。実は韓人会館の施設と土地は、市からリースしているので、イベント開催と像の設置にはオーナーである市の同意を得ることが必要であり、またコミュニティの平和を重視する立場からこのような通達を出したものです。しかし反日グループは必死の請願を続け、イベント開催の週の初めに市は妥協して多くの条件を付けて、会館横の市所有のネットボールコートと韓人会館建物内部での披露セレモニーの開催を認めました。条件としては、想定外の事件に対応するための積立金(Bond)の確保、短時間の開催、独自で保安要員を雇うこと、横断幕(バナー)の使用禁止、駐車場の使用禁止、ごみの除去等です。さら保管に際しては建物の中とし、韓人会館会員以外の公衆の目に触れないようにすることと通知しました。韓人会館は講堂(Auditorium)を他の人種、オースラリア人にも誕生会、クリスマスパーティなどのイベント開催用に貸し出しており、対策に苦慮したものと推測します。韓人会館は市に無断でまた貸ししており、これは市とのリース契約に違反しています。
披露セレモニーが終了すると、慰安婦像は韓人会館内に搬入されることなく、そのままクレーンで吊り上げられトラックに載せられ、AshfieldのUniting Churchの敷地内に搬入されました。もともと慰安婦像のキット(青銅の像、ベースの石板、2つの黒色石製銘版、移動用車輪内臓の白木製台車が一体となっている)は大きく、重いため、建物内への持ち込みは不可能と判断したものと思われます。



引用以上


    オーストラリアでの慰安婦像設置には大韓民国だけでは無く、中華人民共和国の意向が反映されています。オーストラリア以外の国でも中韓が野合しています。むしろ、主敵は中共なのです。

[PR]
by kidokazu | 2016-08-10 15:17 | 中華人民共和国 | Comments(0)

宮崎正弘〜さんのブログです

http://melma.com/backnumber_45206_6403422/






引用




 尖閣、南シナ海で起こりうる「戦争」と同じく恐ろしいシナリオ
  中国原発、事故隠し、深刻な技術者不足が次の大事故を予想させる
****************************************

 現在、中国の原発は18基が稼働しているとされる。2020年代央には35基体制になつと中国は豪語している。

 香港から西へ二百キロ。楊江に建設された原発は五基。最近、事故隠しが問題となった。
2015年三月、ポンプ故障による事故が起きていたのは、この楊江原子炉である。現場で四人のエンジニアが相互の連携が出来ず、事故を起こしたが報告を怠った。ところが事故隠しがばれたのは一年後である。
後日、主任は左遷され、残り三人は訓戒処分を受けた。

 厳格な内部規定があれば、この報告遅れは絶対に起こりえないと専門家は言う。安全基準が曖昧で、管理システムに問題が多きことは前から指摘されてきた。
 どうやら主因はエンジニアとオペレーター不足らしい。

 「次の十年間に(増設される原子炉の数を勘案して)3万人から4万人のエンジニアとオペレーターが必要だ」と清華大学の原子物理学専門家は指摘している(サウスチャイナモーニングポスト、2016年8月6日)。

 中国は、2030年に百基の原発をつくると放言しているが、この目標達成には別途に五万から八万人のエンジニアとオペレーターが必要であると計測されている。
 現場からはエンジニアが不足だというのに、次々と職場を去る現象が起きている。
理由は賃金がやすく、応用の利くIT産業からのスカウトで、さっさと高級な職場へ移動するためである。原発オペレータの平均月給は12万円から15万(IT産業へ行けば20万円が最低ライン)。

 問題は近未来に予想される事故である。
 管理体制の不備、エンジニア不足、そしてお粗末きわまりない技術だから、事故は必ず起きると考えられる。

 チェルノブイリ原発事故はウクライナで起きたが風向きのため、最悪の被害を蒙ったのは北隣のベラルーシだった。ベラルーシの医療体制見学のため、福島県関係者が頻繁に訪れたという話を先週、ミンスクで聞いてきたばかりだ。

 同様に事故が起きたときに強い偏西風が吹いていれば、被害は中国沿岸部より、日本である。
だからこそ、尖閣戦争勃発や南シナ海戦争と同様に、この中国の原発事故(あまりにお粗末な技術ゆえに、懸念は深まるばかりであり、英国が中国からのオファーを再審査すると言い出した背景もこれである)への対応が喫緊にもとめられている。



引用以上


   中華人民共和国には原発をまともに運転させるスキルなど有りません。しかも、事故が起きた際に被害を受けるのは風下に位置する我が国です。



    

[PR]
by kidokazu | 2016-08-09 10:26 | 中華人民共和国 | Comments(0)

スパイ天国

テレビにだまされないぞぉ〜さんのブログです



引用

鳴霞氏「無いです。7~8年前に、中国のスパイが勝手に東京のアチコチでスパイやって、特に防衛省・日本の自衛隊で情報を盗んだりとか、、軍事スパイが一生懸命盗んで中国国内で、少なくとも自衛隊関係の本を40冊以上出版した。」

藤井聡氏スパイは酷い状況で、もう海外の英語の文書とか日本の情報がズルズル抜けてるというのがいっぱいある。ただなかなか日本国内の人、知らない。」

東野氏「これ本当なんですか? 今日本には45の新聞社・雑誌社があるが、1社を除いて全て中国共産党の支配下にあって、しかもその半分以上がスパイの疑いがあると。罰せられる法律が無いから取材と称したスパイ活動を行っているという事で中国から見れば、日本はスパイし放題と?」

鳴霞氏「そうです。東京に40種類以上、1980年代頃から現在まで40種類以上の新聞・雑誌がある。例えば中華料理の店で食べたらタダでもらえる。その新聞・雑誌は広告を出す。安くしたら日本の会社が広告出すが、段々その会社と仲良くなって自然に情報を盗むようになる。」



東野氏「実際の事件はコチラ。2012年李春光事件、今から4年程前、元中国の駐日大使館の一等書記官の李春光は、虚偽の身分で別の人になりきって外国人登録書と銀行口座を取得して大学の客員研究員というニセの経歴で企業向けセミナーを展開した。

他に健康食品会社などから会社概要などの企業情報も取得して、情報と報酬の一部が中国に送られたと見られている。で日本はスパイを罰する法律がないからウィーン条約で禁ずる商業活動をしていた疑いや公正証書原本不実記載の疑いで出頭を要請したが、出頭しないまま中国に帰国と。」

鳴霞氏「そうです。身元偽造とか、中国は偽者の社会だから、例えば残留孤児。danger大阪で残留孤児1万5000人以上ニセ者(笑) 残留孤児偽者、中国人ですよ。」

東野氏「残留孤児ってそもそも戦争中に、満州で置き去りになった日本人の赤ちゃんが大きくなって日本に帰って来たんでしょ?」

鳴霞氏「そうです。その中に偽者の中国人がいっぱい入りました。・・本当の中国人いっぱい。その中にどの位中国人の共産党スパイが居るか今まで詳しく調べてない。」

藤井氏「ケンブリッジ大学とかだと、インテリジェンス研究センターとかあるが、例えば東大・京大にスパイ研究所とか全くない。本当にズルズルです。特にヤバイのが、普通にスパイというと中国人・ロシア人が来るイメージだが違う。日本人の普通の新聞記者の中にスパイを紛れ込ませるテクニックとか、ハニートラップとか色々あって、スパイと気づかない内にスパイにしてしまう方法も山程ある。」



東野氏「実際の事件はコチラ。2012年李春光事件、今から4年程前、元中国の駐日大使館の一等書記官の李春光は、虚偽の身分で別の人になりきって外国人登録書と銀行口座を取得して大学の客員研究員というニセの経歴で企業向けセミナーを展開した。

他に健康食品会社などから会社概要などの企業情報も取得して、情報と報酬の一部が中国に送られたと見られている。で日本はスパイを罰する法律がないからウィーン条約で禁ずる商業活動をしていた疑いや公正証書原本不実記載の疑いで出頭を要請したが、出頭しないまま中国に帰国と。」

鳴霞氏「そうです。身元偽造とか、中国は偽者の社会だから、例えば残留孤児。danger大阪で残留孤児1万5000人以上ニセ者(笑) 残留孤児偽者、中国人ですよ。」

東野氏「残留孤児ってそもそも戦争中に、満州で置き去りになった日本人の赤ちゃんが大きくなって日本に帰って来たんでしょ?」

鳴霞氏「そうです。その中に偽者の中国人がいっぱい入りました。・・本当の中国人いっぱい。その中にどの位中国人の共産党スパイが居るか今まで詳しく調べてない。」

藤井氏「ケンブリッジ大学とかだと、インテリジェンス研究センターとかあるが、例えば東大・京大にスパイ研究所とか全くない。本当にズルズルです。特にヤバイのが、普通にスパイというと中国人・ロシア人が来るイメージだが違う。日本人の普通の新聞記者の中にスパイを紛れ込ませるテクニックとか、ハニートラップとか色々あって、スパイと気づかない内にスパイにしてしまう方法も山程ある。」

宮崎氏「ただ、スパイを警戒するカウンターインテリジェンスに関しては、警察の公安部・要するに外事課の人達がかなりの技術と人員があるので私は結構できてるんじゃないかという気もする。」 藤井氏「警察の方にはあります」

東野氏「そしてもう1つ、国会内で中国人スパイが暗躍した事があった。

2012年衆議院事務局で、中国人の清掃員が議員の机の上の資料を写真撮影という事なんですが、これは民主党政権時代の事業仕分けに代表されるように経費削減が叫ばれ、それまで出入りしていた業者まで全て身元調査が行われていた議員会館ではほとんど入札に変わり、アルバイトや納入業者の身元は業者任せになった結果、こういう中国人の清掃員を装って議員の机の上を写真でという、、これどうなのっていう事だが、、」

ホンコン氏なぜ法律を作らないのか? 」

藤井氏「法律も当然ずっと議論があるが、反対論があって、人権侵害だとかいうのがあってなかなか出来ない。

それと官邸の中とか国会とかにこんな業者がズルズルに入って情報抜いてくなんて、法律以外の問題で、常識、、なのでdanger前政権から今回の政権になる時に一番最初にやった仕事は、そういう情報が抜けないように官邸にあるカードの枚数を徹底的に削った。昔は変なのがズルズルに入ってた。」

宮崎氏「飯島勲氏さんがずーっと言ってる」 藤井氏「そう、本当にそうです」


引用以上


    例では中華人民共和国のみ語られていますが、他の国も同様です。米国も日本に対しスパイ活動をしています。


    


[PR]
by kidokazu | 2016-08-09 09:08 | 中華人民共和国 | Comments(0)