余命三年時事日記さんのブログです




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/09/22/1908-20170922%e5%a5%b3%e6%80%a7%e8%bb%8d%e5%9b%a3%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%88%e2%91%a0/




引用




二泊三日が続いている。本日も出先のパソコンである。一度東京に帰ってからローカル二カ所を予定している。手元に資料が少ないのでコピペになるが、要、ご容赦!
この稿は女性軍団コメントをまとめた。






.....今回の一連の懲戒請求は弁護士法に掲げる懲戒請求と実態がいかに乖離しているかを暴露してしまった。
今の弁護士会のやり方では、実務も破綻するだろう。もう紙くずのような通知書になっているので異議申し立てをする気がないのであれば処分しても問題はない。






.....北嶋直樹、ツイッター名「玉蟲@TAMA6SI 」君は川崎デモでカウンターで登場する国際テロリスト候補である。おめでとう。






引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交


[PR]
by kidokazu | 2017-09-23 18:46 | 拡散希望 | Comments(0)

余命三年時事日記さんのブログです



yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…
、、






引用



.....告訴や告発を受理して捜査の結果、起訴、不起訴処分ということであれば、不起訴についての不服の窓口として検察審査会がある。これはもちろん法で定められたもので法に基づく手順である。
 第五次までの告発については、東京地検などは返戻に際して公印もないという、受理以前の門前払いであるから検察審査会への不服申し立ては要件を満たさない。要するにできないのである。
その対抗手段については
1.受理されるまで告発を続ける。
2.上級地検に告発する。
3.担当検察官を告発する。
4.検察官適格審査会へ申し立てをする。
5.法務大臣への申し立て。
6.総理大臣への指揮権発動要請。
というような取り組みとなるが、これは同時並行ということになる。
共謀罪が施行され、関係法について国連に付託された条約が発効するのが8月10日であるから、今般の川崎デモの告訴、告発や新規懲戒請求および第六次告発はそれ以降となる。





.....単なるガス抜き手段だとは知っていたが、もう少し格好をつけなくちゃね。






引用以上


余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

[PR]
by kidokazu | 2017-09-23 17:23 | 拡散希望 | Comments(0)