余命12/28アラカルト②

余命三年時事日記さんのブログです






引用



.....有事のレベルによる。日韓、日中、日朝、南北朝鮮戦争再開、米中戦争と様々だ。
直接、日本が戦争当事者となった場合には、常識的にはメデイアや通信には大きな制限がかかるだろう。
 クリミアの教訓として過去、検証しているが、今もって、併合の犠牲者数を含めて実態は闇の中だ。反ロシアメディアが完全に消えてしまっている。メデイアだけでなく家族ごと消滅しているのだ。20万人以上といわれているが、あらゆる情報は沈黙している。
 ロシア軍の情報統制は徹底していて、あるローカル反ロシアテレビ局は、局のすべての従業員が神隠しに遭っている。未だに行方不明である。
 日本では、朝日新聞の社主その他、併せて3名が外患誘致罪で告発されたが、クリミアのレベルは朝日新聞社の従業員がすべて消されたというレベルだ。報道するものがいなければ、何があっても平和である。現実は小説よりも残酷なことは歴史が語っている。
 







.....反余命の連中が、一生懸命に脅しをかけていますな。伏見君など朝鮮人学校に余命の襲撃を呼びかけておりましたな。告発する者は住所氏名をさらして薩摩示現流で処分するという脅迫もしておりましたな。
 この刑事告発に対する横浜地検の回答は「おかまいなし」ということで、いずれ地検も告発されることになるだろう。
 ただ未だに却下の理由書が届いていない。担当部署と担当者名、それにはんこが押してあるか楽しみだ。
 まあ、委任状も官邸メールもだれも無理強いなんかしていない。不安があればノータッチが一番だ。
 





.....宇宙人の考えていることはわからない。






.....これも入っているよ。





引用以上


   クリミア事案では余命氏でも詳細はわからない様です。国際社会からも無視されているのでしょうか?ロシアは完璧な仕事をしたわけですな。

[PR]
by kidokazu | 2017-01-03 22:00 | 拡散希望 | Comments(0)